店長として大切なことは、自分の「理想のお店作り」という仕事を楽しむこと

アフタヌーンティー・リビング
エリアリーダー
西岸 佐保

アルバイトの経験があったから、店長としての目標ができました

アルバイトとして入社後、仕事に慣れるにつれて「自分のお店」について考えるようになりました。

最初は売り場の小さなコーナーの担当からスタートして、どんどん任される仕事が増えていく中で、店舗全体に自然と目が向くようになったと思います。

お店は一人で作るものではなく、スタッフ一人ひとりの仕事があってこそ。

アルバイトの経験が、「すべてのスタッフが自分の仕事に楽しみと面白さを感じられるようなお店にしたい」という現在の思いに繋がっています。

そのために、頑張っているスタッフ一人ひとりに「感謝すること」「褒めること」を心がけています。

自分の仕事がお店のためになっているんだ、という実感が責任感やモチベーションにも繋がっていきますから。

私の仕事は、スタッフが仕事の中に隠れている「やりがい」を見つけるお手伝い、と言えるかもしれません。

スタッフ一人ひとりの手が、お客様の心に残るディスプレイを作る

私が現在担当している店舗は、大型ショッピングモールの中にあります。

様々なお客様が立ち寄ってくださるので、プッシュする商品のラインナップも種類が豊富。

また、ショッピングモールが主体となって行うセールや季節のイベントに合わせてディスプレイを変更したり、商品の見せ方を工夫する機会も多いですね。

お客様が足を止めてくださる瞬間を想像して、他のスタッフたちと意見交換する時間が私はとても好きです。

そして、売り場が広く、天井の高さもある空間なので、その空間を思い切って使ったお店作りを考えられるのが、大型店の魅力です。

実際にシーズンごとのディスプレイに変更してから売り上げが伸びたり、商品の売れ行きが変わったりするので、スタッフたちは皆真剣です。

その真剣さの中にある「楽しさ」「やりがい」は、是非Afternoon Tea LIVINGで実感して欲しいなと思っています。

立ち寄ったお客様が笑顔になれる、そんなお店を作るために

各店の店長は、新商品の売り出し方や在庫数などを決定する店長会議にも出席します。

本社スタッフや他の店長からも学べる機会もありますし、何より流行の最先端の商品と出会える場所なので、良い刺激になっているように思います。

いくら素敵な商品だったとしても、ただ置いてあるだけではお客様にはその魅力は伝わりません。

私たちの仕事は、一人でも多くのお客様に商品の魅力に気付いていただけるように工夫をすること。

そして、その商品を通してお客様の暮らしをより快適で素敵なものにしていくことです。

店長としては、その共通の目標に向かって、スタッフが一丸となって明るく仕事に取り組めるような取り組みを続けていきたいです。

Afternoon Tea LIVINGの全てのスタッフが、個性や得意なことを大切に、よりお客様に愛されるスタッフとして成長することを祈っています。

1日のタイムスケジュール

13:30
出社
大型ショッピングモール内にある店舗なので、出勤途中にトレンドもチェックします。
13:45
朝礼/情報共有
スタッフと朝礼を行います。共有事項もきちんと確認!
本社や他店舗との情報共有や、問い合わせなどのメールをチェック!
14:30
ディスプレイ調整
家族連れのお客様が多いので、ディスプレイは穏やかな雰囲気作りを心がけています。
17:00
接客
お店が混んで来たので、接客をしながらこまめにディスプレイのチェック・商品補充の指示を出します。
19:30
スタッフ指導
スタッフたちに指導!分からないことがあったらすぐに質問ができる雰囲気です。
21:30
売り上げ確認
本日の売り上げの確認や商品管理業務を行います。
22:00
退社
一日お疲れ様でした!

PAGE TOP