素敵なお店との出会いが、私のキャリアライフを変えました

コクーニスト 店長一條 亜紀子

一目惚れしたお店で働きたい!それがスタートラインでした

アパレル店員としての経験を活かせる仕事を探して、転職活動をしていた私。

「自分がやりたいことって何だろう?」「自分にとって理想の仕事環境って?」という悩みを抱えていた時、何気なく訪れたお店が他ならぬCocoonistでした。

その時にとても強い印象を受けたのを今でも良く覚えています。

「なんて可愛いくて素敵なお店なんだろう!」という感動が「私もこのブランドの一員になりたい!」という情熱に変わるまで、そう時間はかかりませんでした。

私にとってCocoonistは一目惚れしたブランド。

可愛らしく鮮やかな彩りの雑貨を一際キラキラと輝かせるディスプレイ、そしてイキイキと笑顔でお客様対応をするスタッフたち……どれも眩しく見えたことを今でもよく覚えています。

自分がこのお店の世界の中で働けること、それ自体が大きな喜びになっています。

店長の仕事は、ブランド・人・お客様に愛情を注ぐこと

私が現在店長を務めているお店は、まだオープンして間もなく、1からのスタートを切ったばかり。

特に地域初出店のブランドなので、この地域のお客様の動向調査や売れ筋商品の研究などのマーケティングも店長としての大切な仕事です。

それらの情報を元に、スタッフたちと協力してディスプレイ作りや商品の展開を決定していきます。

その他にもスタッフの教育・指導など、業務の種類は多いですが、どれも「より良いお店作りのため」に必要なこと。

スタッフ一人ひとりが、大好きなこのブランドのために努力を重ねている姿を間近で見ているので、とても刺激になりますよ。

私は、お客様にも、ブランドにも、店舗にも、そしてスタッフにも「愛情」を持って接することを心がけています。

私自身がこのブランドに惚れ込んで入社した、ということもありますし、一人でも多くのスタッフが「このブランドが大好きです!」と笑顔で言ってくれるようなお店が実現したら、お客様にもその気持ちは伝わると思っています。

濃密な経験を通して、1年で店長に!

入社当初の私は、「1年以内に必ず店長になろう」という目標を持っていました。

実際に店舗に配属になると、色々な業務を任せていただけたので、その一つひとつを通して「あ、また目標に一歩近づいたかな」という実感を得ながら前に進むことができました。

一人ひとりが問題意識を持ち、その解決に向けて様々な取り組みを行ったり、考えを持ったりと、とても自主性を大切にしている社風なので、「様々なことに挑戦したい!」という方は充実したキャリアライフを送ることが可能です。

私は、“Cocoonistをお客様に身近に「非日常」を体験していただける場所”にしたいという思いがあります。

そして、実際に手にとって、触れることができる「非日常」を、もっと多くのお客様にも体験していただけるようにこれからも頑張りたいと思います。

1日のタイムスケジュール

13:00
出社
自分の店舗に出社!
13:30
朝礼
スタッフたちと業務や目標の確認!
14:00
お問い合わせ対応
可愛らしい制服に着替えて業務のチェック。
メールチェックや問い合わせの対応も行います。
15:00
接客
店頭で接客・販売業務を行います。お客様の笑顔が一番のエネルギー!
17:00
納品管理業務
お店の管理も店長の大切なお仕事です。
18:30
接客
再び接客業務へ。
学生さん・OLさんなどの帰宅時間帯に混み合う人気店です。
21:00
退社
お疲れさまでした!

PAGE TOP